新型コロナウイルス禍のクリニック開業のポイント

新型コロナウイルス(以下、コロナとする)の収束が見えない中、今、新規クリニック開業を考える際は感染リスクを減らすため、従来の開業時のポイントとは別に、ポイントを抑える必要があります。

ITやオンラインの活用

コロナ禍において、密の回避や接触の機会の減少などは注目されるところです。

そのため、電子カルテやレセプトコンピュータを用いたweb予約システムの導入やweb問診システムの導入は一つのポイントとなります。

Web予約システムや、web問診システムの導入によって、密を回避することができ、効率的な診療にもつながります。

また、オンライン診療も同時に導入することで、来院された患者さんのクリニックの滞在時間を短くすることが可能となります。

特筆性・独自性を示す

ウィズコロナ、アフターコロナといわれる中で、コロナの影響で「受診離れ」してしまった患者さんを、どのようにして取り込んでいくかが、もう一つのポイントとなるでしょう。

その際に、他のクリニックとは違う特筆性や独自性を示すことは重要です。患者さんはコロナの影響もあり、「より安心・安全で専門性の高いクリニック」を積極的に選ぶようになります。特筆性や独自性を示し、広い医療圏から、特定疾患の患者さんを集めることで「患者さんから選ばれるクリニック」となりことができます。

そうすると、患者さんに対し、かかりつけ医から転院を勧めることもできるようになり、クリニックの発展が見込まれます。

まとめ

コロナ禍の開業は多くの人が逆風と捉えていますが、準備の仕方や考え方次第では好機とも取れることお分かりいただけたかと思います。

クリニック経営に常に変革が必要なように、開業計画にも時代の流れや患者様ニーズに応じたものにしていかなくてはなりません。

クリニックセレクションではクリニック開業に関するご相談も受け付けております。ご不明な点がありましたらお問い合わせ下さい。